2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« クルン高岡に行って来た | トップページ | 立山信仰・立山博物館 »

2014年5月11日 (日)

富山と長野周遊観光

富山と長野の周遊観光・・・立山黒部アルペンルートを通って両県を訪れる観光ルートを海外に向けて富山県と長野県が共同でPRするそうです
昨年、アルペンルートを訪れた外国人の団体観光客は14万5千人と前年に比べ6割増えました。そのうちの7割近くが台湾からの観光客でアルペンルートの開業以来、初めて台湾からのお客様が10万人を突破しました。
今年、
富山きときと空港には立山・黒部アルペンルートの雪の大谷ウォークの実施にあわせた5月31日までの期間中は台北便が毎日運行されます。北陸にあります空港(富山、能登、小松)での台湾観光客獲得合戦のようになっているそうですが、この時期は大人気の立山・黒部アルペンルートがありますからきときと空港が優位のようです

そして北陸新幹線の開業後は海外からのお客様はアルペンルートを通って富山→長野 長野観光のあとは、北陸新幹線長野駅→富山駅 富山観光のあとは、富山駅から空港までバスで約15分のメリットを生かして富山空港より出発される富山・長野アルペンルート周遊コースの誕生です

001_1280x849

「牛に引かれて善光寺参り」・・・
善光寺が台湾からのお客様でごった返す日がやって来るかも知れませんね

« クルン高岡に行って来た | トップページ | 立山信仰・立山博物館 »

富山県」カテゴリの記事

コメント

台湾、中国あたりには立山の観光は結構人気あるみたいですね。
いつもこの時期に砺波の山の上にあるあのホテルで仕事の会合があるのですけど、いつも中国や台湾からの観光客を満載した観光バスが何台も乗り付けていますね。
食事の時なんかこっちが中国に来たみたいですよ。
中国なのか台湾なのか見分けはつかないですけど。

おっぺらさん
海外向けのパンフレットには立山に降る雪の量は世界一だと書かれているのでしょうね。
観光地ではない富山市の市街地にはビジネスを含めて50近いホテルが乱立していますが、日本人ではなく海外観光客が多いのだと思います。でも新幹線が開通すると台湾からの観光客も広範囲に観光するでしょうから、富山で宿泊は減るかも知れないですよ。これだけ台湾から旅行客が訪れますが、台湾と日本は国交がまだ無いはずです

私が立山黒部アルペンルートを通ったときも、外国(特に中国系)の方々が多かったです。
で行くと、の回送料がかかるから大変なんです。

しゅうちゃんさん、今日は風がとても強い日でしたね。
富山の代行業者さんには酔っ払いさんよりも、立山回送に力を入れている会社がありますよ。
その中でも昔から一番利用されている会社に「日星代行」さんがあります。しゅうちゃんさんが利用されたのも、この会社の可能性が高いと思います。車の持ち主が近くで見ている分けには行きませんから「信頼」が本当に大事ですね。でも新幹線が開業すると、富山駅近くや長野駅近くに車を止めておいた方が便利になるかも知れませんよ。

SILVIAおじさんさま
今年は行きませんでしたが、雪の大谷(序ですが)は昨年まで恒例の如く行っていました。
観光客は圧倒的に中国系で占められています。
きときと空港も新幹線開通を控え、更に工夫が必要でしょうね。
それにまして、室堂ターミナルへ行くと解りますが、関東からの観光客は
信州側が大勢を占めています。
富山からの立山誘致がもっと必要ではなかろうかといつも思っています。
弥陀ヶ原からの眺望はヨーロッパアルプスにひけはとりません。

輝ジィ~事様
ご指摘ありがとうございます。富山きときと空港は、大きな変革が必要な時期を迎えておりますね。
ドル箱の東京便は、新幹線で便数が半分になることが予測されていますし、新幹線が東京まで1時間台で到着できる列車ができると、さらに便数は減るでしょうね。富山としては新幹線とANAの東京便の共存が必要だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山と長野周遊観光:

« クルン高岡に行って来た | トップページ | 立山信仰・立山博物館 »