2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 越中黒部清水の里・生地 | トップページ | パブリックビューイング富山 »

2014年5月27日 (火)

昭和ノスタルジック生地

高橋尚子さんと一緒に周る生地まち歩きの抽選時間よりも早く生地に到着しましたので、ボランティアガイドさんに付いて生地まち歩きして来ました。黒部市は生地を観光地として考えているようだけど・・・住民の生活の場に観光客を迎えるのは難題が多いだろうね。このまま残したい日本の原風景です。

Dscn5949_1280x960_2

生地の町の中でも、空地や空家が目に付きます。ボランティアさんから聞きましたけど、生地の旧道沿いに発展した昭和ノスタルジック町から、便利な新しい住宅街へと生地を離れて行かれるそうです。

Dscn5961_1280x960

Dscn5971_1280x959

Dscn5965_1280x977_2
大町商店街では旧道を歩行者天国にして「うんまいもん市」をやっていました。昔ながらの魚屋さんが何店もある旧道沿いの昭和の商店街が素晴らしすぎます。

Dscn5989_1280x960

Dscn5987_1280x960
旧道の歩行者天国には沢山の人がいるのに、路地裏は時間が止まって感じれます

住民の皆さんは家の中におられるのだろうかと不思議に感じてしまいます。誰一人歩いていない、静かないつも通りの生地の町でした。

« 越中黒部清水の里・生地 | トップページ | パブリックビューイング富山 »

黒部市」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
タイトル通り、ノスタルジックですね。
地元パワーで保存してほしいですね。(^^)

morimoridxさん
ここ生地には撮影したくなるような風景が沢山あります。是非一度撮影に出掛けて下さい。
富山市の騒がしい場所で生活していますと、ここは時間がユックリと流れているように感じます。
県内の漁師町は、どこも昭和ノスタルジックな雰囲気が満載なのと海辺の住宅街の路地が素晴らしいです。

SILVIAおじさん さま
皇國晴、口にしたことが多分ないと思いますが、水も米も旨いのでかなり行けるかも。
カマボコも魚もこんな店で買ってみたい。きっと旨いことだろう。

輝ジィ~ジ様
皇國晴では「幻の瀧」の大吟醸を試飲させて頂きました美味しかったです。
でも、私は大好きな岩瀬の「満水泉」の大吟醸のほうが・・・口に合いました。
今、生地では干しカレイ定食を売り込んでいくそうで、先日の新聞に書かれていました。
これが美味しそうで、是非、次回は食べてみたいと思います。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00003493-kitanihon-l16

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和ノスタルジック生地:

« 越中黒部清水の里・生地 | トップページ | パブリックビューイング富山 »