2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 教算坊と石造物群 | トップページ | 富山駅TOYAMA STATSION »

2014年6月12日 (木)

はいどはやバス

「まいどはや」は富山弁で「こんにちは」とか「ごめんください」を意味するようですけど・・・「まいどはや」を使う人と話しをしたことはないですね

「まいどはやバスは富山市の街なかで運行されているコミュニティバスです。第三セクターの「まちづくりとやま」が富山地鉄バスさんに運行を委託しています。中央ルートと、清水町ルートで運行されています。街なかを走っているまいどはやバス運行ルートです。

9時台~19時まで運行していて、中央ルートも清水町ルートも1時間に2~3本運行しているそうです。運賃は小学生以上は1乗車に100円です。ICカードの
Ecomyca(エコマイカ)やライトレールのパスカも利用可能です。

新型バスが導入されましたが・・・新型になるまでは全く見掛けなかったけど、新型になったら見掛ける機会が増えましたよ。新型を何台導入したのかな?10台くらいはあるように感じます

Dscn6076_1280x959

待っても待っても、やって来ない何処かの街のコミュニティバスと違って、富山市の街なかまいどはやバスは安全で乗り心地が良くて快適で~す。ただ、もう少しで良いから運行ルートを、せめて一回り広くして欲しいと思います

 

« 教算坊と石造物群 | トップページ | 富山駅TOYAMA STATSION »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

あまり見ませんが、すごい system ですね!バスは京都のバスがすごく便利ですが、流れはそれをまねしているようですね!富山すごい!誰か仕掛けてるんですか?仕掛けるのでしたら大正解の方向と思います!!!

naebakko2さん
京都のバスシステムが素晴らしいとのこと・・・私にとって京都は第二の故郷になります。若い頃に計5年ほど、京都の学校を卒業して伏見にあります、コピー機の販社で働いておりました。学生時代は良かったのですが、越中人が京都で働きながら住むのに疲れました。良く聞きますが、京都の方達は優しいのですが、腹の中では・・・その通りでした。
昔、富山から京都は遠く感じておりました。でも実際は車で4時間係らず到着できることに40歳過ぎた頃に気が付きました。西は4時間で四つ先の京都に行けますが、東に4時間行っても隣県の新潟県を出れないのが不思議です。

何度もすいません。コミュニティーバスと言えば六本木ヒルズから赤坂にいくバス便利でやはり100円ですね。かなり研究してますね!

naebakko2さん
いいえ何度もコメント頂戴して嬉しいです。ただ、naebakko2さんのプロフィールも少しで結構ですので教えて下さい。富山を出られて現在は何処にお住まいでしょうか。

たびたび申し訳ありません。伏見の方はバスの本数が少ないですね。京都人の腹の中のことは良く言われますが、そう思います。しかし、それを解って対応すれば良いのでは、難しい!

ありがとうございます。どこの、だれと申し上げると、本音のことが言えなくなるのではないでしょうか?私は関東の某県在住です。今日のところはこのくらいでご容赦ください。

naebakko2さん、了解しましたよ。またコメント下さい。
私は高校を出て京都の学校に進みましたが、当時、富山市から関西へ進む人は同じクラスには誰もおりませんでした。今、県西部にある会社で勤務しておりますが、殆どの人が金沢や関西の学校へ進んだ人達ばかりです。富山市の人達は福井の学校へ進学することは昔から考え難いのですが、西部へ行きますと・・・ほんの少しの距離ですが県東部と西部で思いの違いを感じます。

私も実際に生の「まいどはや」は聞いたことがありません。
実際に使われているのですかね?
県東部なのかな?
某CMのせいで有名になったみたいですが。

おっぺらさん、ありがとうございます。
「まいどはやバス」あるくらいですから富山市なのかも知れませんが・・・素敵な言葉ですよね。
富山市から東になりますと方言が強くなりますから、こんな柔らかい言葉は使わないような気がするのと、
「まいど」は関西ですから、関西系のイントネーションが少しだけ入る県西部かも知れませんね。

町の賑わいという意味で、駅の南側、中心部を運行するのは分かるけど、一ルートくらいは駅の北側にも欲しいような。

やいっちさん
私が住んでいる城南公園周辺はコミニュティバスの停留所も、シクロシティの自転車の駐輪所もありませんし、セントラムの駅もありません。
便利な移動手段は「街なか」に集中させるよりも、一回りで良いから広げて、街なかの周囲に住む人達が街なかへ向かう為に利用するようにした方が利用効果が上がるように感じます。ただ富山市としては住みやすい、魅力的な都市を県内外にPRするには「街なか」に集中したいのは分かりますが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はいどはやバス:

« 教算坊と石造物群 | トップページ | 富山駅TOYAMA STATSION »