2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 東京駅スーパージャック | トップページ | 消え行く昭和遺産「観音湯」 »

2014年7月 1日 (火)

『春を背負って』見応えあり

映画 『春を背負って』 を観て来ました。
富山を舞台にした映画が沢山撮られておりますが、これは素晴らしかった。最高傑作だと思います。そして木村大作監督の自信作だと思います。
きっと今年の日本アカデミー賞の作品賞の最有力候補になると思います。



良く紹介させて頂く豪農の館「内山邸」さんが民宿として登場しています。
そして大汝山の山小屋「菫(すみれ)荘」を舞台にして、年齢の離れた「男の友情」と、いつも満面の「笑顔の女性」・・・日本一優秀な本物の富山県山岳警備隊の皆さんも参加していたり・・・涙するシーンも沢山。この映画見応えありますよ


そして何に一番感動したかと言いますとスクリーンに映し出された富山の大自然が素晴らしかった。
私達、富山県民でさえ驚くほどの大迫力です「春を背負って」に富山市の都市部は全く登場しません。「富山BLUE」と名付けられた富山の「空の青」と今回は「山の青」が鮮明に写し出されています。

140530kimuras


富山に住む人達は必ず観に出掛けて頂きたいと思いますし、それよりも「春を背負って」は県外に住まれる方に是非観て頂きたい作品に仕上がっています。 絶対に観たことがない世界が写し出されていますよ。(写真は木村監督が撮られたものだと思います。)

« 東京駅スーパージャック | トップページ | 消え行く昭和遺産「観音湯」 »

動画があります」カテゴリの記事

コメント

はじめまして

これまで貴ブログをそっと(笑)拝見させていただいていましたが、このたび初めてコメントを書かせていただきます。

県外に住む者ですが、6月21日に見てきました。
自分自身、登山をするわけでもないので、平坦な景色ばかり見慣れた目で見ますと、映像ながらその迫力に圧倒されました。
キャストが皆、脇役に見えてしまうほどに。
表題の通り「見応えあり」でした。
ただ、ラストのふたりが手をつないでの「くるくる」は、思わず「アルプスの少女ハイジか!」と・・・(笑)

富山が好きなので、これからも拝見させていただきます。
では。

ここで初めて知った映画です。見てみたいです。
立山連峰の風景も沢山出てくるんでしょうね。
こっちでは、やはり地元映画のような『超高速 参勤交代』が人気のようです。

hiroさん、初コメント嬉しいです。
この映画、蒼井さんの笑顔の素晴らしさが印象深かった。
私も、富山市の中心市街地ですので、目で見る立山連峰は時々堪能しておりますが、映画に映し出された世界は見たこともありません。私の奥さんの叔父さんが剱岳登山口の馬場島荘で長く管理人をやっていました。立山信仰の部落に暮らす会社の同僚もおります。私のように中心市街地に住んでいても、山に関わる人達が遠い存在ではないのが、富山市とその周辺に暮らす人かも知れません。山が近くて、冬は雪が多く降りますが、暮らしやすい場所です。そして富山県山岳警備隊の優秀さは本物です。

しゅうちゃんさん、縁を感じますね。ご存知ないかも知れませんが・・・
実は『超高速 参勤交代』の映画監督 本木克英さんは富山県出身なんです

さて、『春を背負って』は是非、奥様とご覧ください。それも映画館のスクリーンで富山の大自然を堪能下さい。富山に住む私でさえ驚くほどの素晴らしさです。ご覧なられましたら感想を聞かせて下さい。

木村大作監督は自分で運転する宣伝カーで全都道府県を周っておられます。木村監督の自信作だと思います。予告編に登場する桜並木は朝日町の「舟川サクラ」です。それと立山から富士山が見えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『春を背負って』見応えあり:

« 東京駅スーパージャック | トップページ | 消え行く昭和遺産「観音湯」 »