2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 万葉線ハイブリッドLRT | トップページ | 中越パルプの二塚工場 »

2014年8月 7日 (木)

富山地鉄の「西魚津駅」

8月1日にイエローアイがやって来て、5日にはW7系が県内を初走行して行きました。
「新高岡駅」「黒部宇奈月温泉駅」では歓迎セレモニーも開催されたようで、テレビや新聞は北陸新幹線で一色です。どうやら号外が2回も発行されたそうですけど・・・仕事で見に出掛けれることもなく、寂しい初走行となりました。

写真は富山地方鉄道「西魚津駅」になります。先日、
「キハ58さん」が北越で金沢→新潟へ向かわれる途中の記事にも登場していました。私は2回目の訪問でしたが、この駅は「無人駅で誰もいないはずだけど、とても温かい。」、何だか去りがたいような雰囲気に満ちていました。魚津市住吉にあります。昭和11年6月5日に開業したそうです。

001_1280x958

西魚津駅周辺には新しい住宅地が出来ていましたが、駅舎はオールドのまま!
でも、この駅は周辺の人達に愛されているんだろうね。綺麗に清掃されているし、改札口からホームへ出たところで温かみを感じれたよ・・・熱風と間違えたわけじゃないからね。良かったら一度出掛けてみて感じてください。写真はフィルター加工してあります。

005_1280x960

004_1280x960

10日の「富山駅」での歓迎セレモニーは選外の知らせが来ていますので直ぐ近くで見ることはできませんが、なんとか・・・青が一線に延びるボディを見てみたいものです

« 万葉線ハイブリッドLRT | トップページ | 中越パルプの二塚工場 »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

はくたかや北越など北陸本線から見るだけなんですが、レトロ感あって味のある駅ですよね。宇奈月へ行く機会出来たら、ぜひ途中下車したいです。

キハ58さん
そうなんですね。訪問されているのかと思っていました。
この西魚津駅ですが、駅舎の外観は入口に自販機が2台置かれているのが好きではありませんでしたのでアップしませんでしたが、駅舎の中は地鉄のレトロ駅の中でも完成度が高い・・・抜群だと思います。是非、お立ち寄り下さい

JR魚津駅(地鉄新魚津駅)では乗り換えたことあるんですがね。
いい写真になっていますね。
先日、イーストアイの目撃情報サイトを見ていたら、金沢へ向かったことを知り、いよいよ本格的な試験走行が始まることを知りました。

しゅうちゃんさん、北陸新幹線は実車の試験走行が毎日ではありませんが始まりました。
富山側から向かうと新魚津駅の一つ手前が西魚津駅になります。
横をJR線が走っていたりして、短時間の撮影中にも列車が通り過ぎて行く騒がしい駅ではありますが、人は誰もいませんので独り占めです。
「美術館図書館前」のようなユルさはありませんが、お気に入りの駅ができました。
「歓迎・魚津水族館」の看板が取り付けられていますが、水族館目的で降りる人は誰もおりません

こんにちわ。

魚津という名を目にしたからには無視出来ませんね。
私の生まれる前から西魚津駅があったということなので驚きました。
SILVIAさんの記事で初めて知りました。
今度是非訪ねてみたいです。
それにしても東京生活が長くなり、富山県のことはすっかり疎くなってしまいました。
我ながら寂しい気がします。

ぴえろさん
ありがとうございます。モチロンですが“ぴえろさん”に見て頂く為に記事にしておりますよ。次回は・・・新しくなりました電鉄魚津駅でしょうか、でも新しい物は面白くないですよね。魚津の街なかは、何回も大火に遭っておりますので残念ながら歴史あるものは少ないですね

おはようございます。

ありがとうございます。
歳を経るごとに古里が懐かしくなるというのは本当ですね。
富山の記事を目にすると敏感になります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山地鉄の「西魚津駅」:

« 万葉線ハイブリッドLRT | トップページ | 中越パルプの二塚工場 »