2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 風の盆・最終日(鏡町・今町) | トップページ | 風の盆・最終日(下新町) »

2014年9月10日 (水)

風の盆・最終日(天満町)

来年の風の盆には、来春に開業します北陸新幹線に乗って今年よりも2割~3割も多い方達が見物に来られると見込まれています。関東や東北からは、現在とは比べれないほどに富山に来易くなりますので間違いなく大きく増えると思われます。

169_1280x848

反対に関西からはサンダーバードが金沢駅止まりとなりますので今年よりも減る恐れがありますね。関西からは金沢駅から越中八尾行きの直通バスツアーに切り替わるかも知れませんね。

おわら風の盆 153 (849x1280)

プラスとマイナスがあるだろうけど来年からの風の盆は・・・今年までとは大きく変わって来るでしょうね。見物客が多過ぎて風の盆も将来は富山市の中心市街地に特設ステージを設けなければならないときが来るかも知れないね。

おわら風の盆 174 (1280x848)

富山市としてはそれを狙いとしているような気もしますが、意外と富山城を背景だったら良い絵になりそうな気がします。でも風の盆の忙しいときに特設ステージで踊ってくれる八尾衆はいないだろうけどね

« 風の盆・最終日(鏡町・今町) | トップページ | 風の盆・最終日(下新町) »

越中八尾おわら風の盆」カテゴリの記事

コメント

風の盆の記事やお写真を拝見し、
自分がその場に参加しているような
気分でした。
幻想的な写真ばかりで、もう一度
訪ねてみたくなりました。
とても楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。

ぴえろさん、ありがとうございます。
越中富山は民謡の宝庫。「おわら」に「むぎや」に「こきりこ」と三大民謡と言われていたのは過去のことで、現在では全国区の「おわら」と、南砺区の「むぎや・こきりこ」と大きく差が付いております。それだけ八尾の方達が、いろんな場所に招かれ、出掛け行き「おわら」を披露してきた成果ではないでしょうか。今日も勤め先で話が出ましたが、私達、富山県民は気が付いていないけど、県外の人の富山のイメージは富山県=薬、マスズシ、チューリップと言われた時代は終了していて、既に富山県=おわら のようだとやっと理解し始めております。
是非、来年は風の盆に再度お出掛け下さい。おわら風の盆がある越中に生まれて本当に良かったと思っています。

天満宮の前?あそこは、意外と人が少なくて撮影できた記憶があります。
黄色い浴衣は中学生ですかね?
小さい頃から踊っているから?皆さん踊りが上手ですね。

しゅうちゃんさんの記憶力には驚きます。
本通りから少し道を外れた場所にありますのが天満町さんです。
皆さん八尾駅から、坂の上にある諏訪町通りを目指して行きますので意外と空いています。でも、踊りにしろ地方にしろ、他の町内よりも完成度が高いように感じます。天満町が好きで、この町内以外は見に行かない人もおられます。女の子達は全体的に少し幼いように感じます。あと2~3年後が最高でしょうか。

連日のアップ、お疲れ様です。
なかなかいけないので、行って観ている感じがうれしいですね!

キハ58さん、ありがとうございます。
今年も9月4日の夜のみを堪能する東京からのバスツアーがあったようですよ。
9月27、28日には「月見のおわら」が開催されます。これは殆どが関東からの観光客になると思われます。観光バスだけですので5000人ほどでしょうか余裕を持って見る事ができますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の盆・最終日(天満町):

« 風の盆・最終日(鏡町・今町) | トップページ | 風の盆・最終日(下新町) »