2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 街の外れの市営住宅新しく | トップページ | 超特大ポスターと鉄道展 »

2014年10月12日 (日)

JR富山駅の工事は9年前から

富山県で一番のコンビニ激戦地区に暮らしておりますが、10月10日午前7時に歩いていける場所にローソンが2店舗同時オープンです。自宅から1キロ前後にコンビニ20店以上ありますが、まだ造るのでしょうか

先日、NHKニュースで特集をしておりましたが、現在、北陸新幹線の開業に向けて工事中のJR富山駅ですが、富山駅の工事が始まったのは今から9年前の平成17年10月6日だったそうです

007_1280x957

JR富山駅の高架化工事が始まったのは・・・3287日前。
ニュースで工事開始時の富山駅北口の様子が画像で紹介されていましたが、なんとライトレールが開業する前だから驚きでした

002 (1280x954)

富山駅のホームの下へ市内電車を引き込む軌道の整備工事が始まっています。

011 (1280x935)

そしてもっと驚くのは高架化工事が完成するのは・・・今から3年ほど先のことで、更に驚くのは富山地鉄電車の高架化や周辺道路の整備などが全て完了するのは市の構想に誤りがあって、今から8年後だそうです

« 街の外れの市営住宅新しく | トップページ | 超特大ポスターと鉄道展 »

北陸新幹線」カテゴリの記事

コメント

以前、市の土木担当者に
『数m程の幅の川に橋をかけるのに何年かかってるの!』
と言ったら、「橋」は面倒で時間がかかるんですと言われました。
時間がかかっても、青写真が出来ていてそれに少しでも進んでいるなら、ヨシと言えるのではないでしょうかね?
これだけ鉄道が残っていることが、羨ましいです。

しゅうちゃんさん
富山駅に乗り入れますLRTの軌道工事が始まりました。驚いたのはLRTの軌道はプラレールの線路のような超大型の構造物を造って、はめ込んでいました
新幹線駅舎の工事の他にショッピングゾーン「とやマルシェ」の工事や、バスターミナル、LRTの軌道工事・・・それだけではなく中心部は工事だらけです。こうやって街が造り直され、新しい街が生まれ、周辺の地価が上がる。見事なほどの集中工事には驚きますよ。

道路だって、計画が出て、測量して、設計して、用地買収が行われて、予算がついて、ボーリング調査がされて、などなど、我々が目にする重機がドカドカっと工事する期間よりもはるか長い期間その準備に費やされていたりします。実際に作り始めるというのは最終工程ですよね。

おっぺらさん
工事は計画から長い工程が事前段階にあるという事ですね。
現在、富山市の中心部では10箇所以上の場所で工事が行われています。
新しい建物や外装をお色直しする建物や、こんな中心部は長いこと暮らしていますが見たことがありません。街が生まれ変わるでしょうね。
新幹線で便利になる人は少ないと思います。便利な街に暮らせる恩恵を受けれる人は・・・これも一部の限られた地区の人だけだと思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JR富山駅の工事は9年前から:

« 街の外れの市営住宅新しく | トップページ | 超特大ポスターと鉄道展 »