2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 北陸新幹線の料金発表 | トップページ | 14年振りに見えた皆既月食 »

2014年10月 7日 (火)

富山化学さんの治療薬

エボラ出血熱に感染したフランス人看護師が富山化学工業さんが開発したインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」(商品名アビガン錠200mg)などを服用していたけど、治癒して病院を退院したとフランス公共ラヂオが伝えたそうです。

女性はリベリアで感染が発覚、9月19日にパリ郊外の病院に搬送され、他の未承認薬ともにファビピラビルの服用を始めたそうです。ファビピラビルはエボラ出血熱に対する承認は得ておらず、エボラ出血熱の患者への投与は初めてだったそうです。

富山市下奥井にあります富山化学さんの近くは車でよく通りますが、医薬品を製造していることすら知りませんでした。まさか富士フィルムの傘下になっていることも知りませんでした。全世界的な明るいニュースで嬉しいですね

8月末に出掛けた関西です。京都駅から近鉄京都線で奈良へ向かいましたが、近鉄奈良駅に到着して東大寺に向かった頃から雨になりました。東大寺を見学した後に近鉄電車で移動して薬師寺にその頃には酷い雨に・・・最悪の天気に笑うだけ

103_1280x960

京都から奈良へ往復で1時間以上も掛けてやって来たのに天気が悪くて東大寺と薬師寺だけを拝観して京都に戻りました。本当は唐招提寺も予定してましたけどズボンもスニーカー・・・びしょ濡れ

奈良 089 (1280x960)

 

奈良 116 (1280x956)

 

奈良 107 (1280x960)

東大寺は激しい雨にも係わらず大勢の人が見学に来ていたけど薬師寺は、そうでもありませんでした。奈良はユックリと訪れてみたい観光地が沢山あります・・・続きます。

« 北陸新幹線の料金発表 | トップページ | 14年振りに見えた皆既月食 »

富山市」カテゴリの記事

県外」カテゴリの記事

コメント

SILVIAおじさん さま
こんばんは
このニュース、勿論新聞などで見てましたよ。
富山化学は元々、医薬品製造の上場会社でしたが、21Cに入った頃から
業界の世界的競争などで、大正製薬からそして現在は富士フイルムの持ち株会社に。
詳細は知りませんが本来は優秀な富山の血が受け繋がれた企業かと思っています。

京都は結構、頻繁に行く機会も有りましたが、奈良は昭和33年以来足が遠のいて・・・

輝ジィ~ジ様
こんばんは、朝日岳では見事な紅葉の写真を撮られましたね。
京都の有名観光地に久し振りに行きましたが、アジア系の方が多くなりましたよ。
日本人を探すのが大変なくらいでした。京都なのになんだか海外の違う都市にいるように感じました。でも奈良は大丈夫ですよ。神社仏閣に触れるのであれば奈良観光がお勧めです。

SILVIAおじさん こんにちは。

ファビピラビル、近く、臨床試験が始まるとか。有効性、安全性が確かめられるといいですね。富山の誇りです。

富山化学は、東京の本社は別にして、富山市下奥井に研究所、工場があります(地原崎には第二工場)。
実は下奥井は、友人家の近所。友人宅に行くと、必ず、富山化学の工場などを目にしたものです。
http://www.toyama-chemical.co.jp/aboutus/office/index.html

婦中町に富山化学があるとは、初めて知りました。どこなのでしょう。

やいっちさん
今、気が付きました婦中は日産科学でした。訂正しておきます

以前、下奥井近くの会社に在籍しておりまして富山化学さんの周辺をよく車で通行しておりました。富山化学さんは薬都・富山の誇りですね。インフルエンザの治療薬を用いることも驚きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山化学さんの治療薬:

« 北陸新幹線の料金発表 | トップページ | 14年振りに見えた皆既月食 »