2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 山間の伊折から「剱岳」 | トップページ | 富山の紅葉も終盤です »

2014年11月23日 (日)

剱岳は「試練と憧れ」

富山県の「ふるさと眺望点」の伊折橋から撮影したあとに車を進めたのは剱岳の登り口「馬場島」
ここは日本一危険な山と言われます剱岳の入口。
『剱岳は岩と雪の殿堂である、
人身とも鍛錬された人々よ来たれ』と登り口に書かれていま
 

174_1280x848

馬場島に向かう途中では車を停め写真を撮る方が何人も・・・それほど剱岳が綺麗な日でした。

155_1280x848_2

166_1280x848

162_1280x848
馬場島荘でコーヒーを頂いて来ましたが、既に屋根の上には雪が積もっていたけど、自宅を出たときは馬場島に来るとは思っていなかったから薄着で寒かった。雪国ですが冬タイヤへの変更は富山では12月の中旬になります

« 山間の伊折から「剱岳」 | トップページ | 富山の紅葉も終盤です »

上市町・立山町・舟橋村」カテゴリの記事

コメント

この剱を見ながらのコーヒーは美味しかったのではないでしょうか。
だんだん雪が降りてきましたね。
剱は一度も登った事はありませんが、一生登る機会がないかも。若い頃に登っておけば良かったとプチ後悔しております。
そう言えば数ヶ月前に録画した映画「点の記」も見ないままずっと録画リストに張り付いたままです。

おっぺらさん、今からでも遅くないと思います。
残念ながら馬場島から剱岳は近くなり過ぎまして、コーヒーが飲める場所からは全く見ることができません。夏場の馬場島はキャンプに来る人達で賑わうのですが、この日も結構な人が来ていました。小さな子供を背負った親子連れがいたりして・・・私のような山に関係しない者でも自然の大きさに「憧れ」を抱きます。

素晴らしい雪山風景、重装備が無くても見ることができる富山の素晴らしさですね。
白馬の地震ではドキとしましたね。フォッサマグナという言葉を、久々に思い出しました。

キハ58さん、ありがとうございます。
昨年の11月23日には立山連峰でスキー客が7人亡くなっています。
この馬場島荘の玄関にも入山届けのBOXが設けられておりました。
今年の御嶽山の火山噴火では入山届けを出していない人達が沢山いたことで混乱を招きましたね。危険な山が近くにあることで、備える意識の違いが富山と他県で生まれているのだと思います。

こんな素敵な風景を眺めながらコーヒーを飲むことが出来る場所があるんですね。
素敵な場所ですね。
しかし、小谷村から近いんですものね、びっくりしました。

しゅうちゃんさん
富山市役所とJR白馬駅は直線になりますと約58キロです。
本当に近いんですよ。震度5弱程度あっても不思議ない距離でしたが、震度3で済みました。新聞には富山に被害が出なかったのは北アルプスが緩衝材になったと書かれていました。中越地震の際も同じでしたが、富山は大きな震災が起こらない土地として地震保険の料率も低い安全な地域と言われてます。雪は降りますが住み良い場所です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 剱岳は「試練と憧れ」:

« 山間の伊折から「剱岳」 | トップページ | 富山の紅葉も終盤です »