2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 富山県は東日本・西日本なの | トップページ | 富山のこれを見に来て下さい »

2015年1月18日 (日)

富山県は“そば・うどん”

富山市の人達と北陸新幹線の開業に付いて話をしますが、

『富山市はあっという間に関東の経済圏に飲み込まれるだろうね。』 と話題にしますが・・・
異論を唱える人は誰もおりません
。でも遅れるかも知れないけど・・・
高岡地域もやがては同じだろうね。関東から一番近い新川地域が意外と最後になるかも知れないと思います。


「富山県は東日本・西日本どちらでしょう」の続きですが・・・
「東日本」には“そば店”が多く、「西日本」には“うどん店”が多いのは誰でも知っているけど・・・富山県でも県東部に“そば店”が多く、県西部に“うどん店”が多いそうです


面白かったのは県東部では「そば・うどん」と看板や暖簾(のれん)に書きますが・・・県西部では「うどん・そば」と書くそうです

053_1280x971

ただ東日本と西日本の境界地になります富山には“そば・うどん”の両方を食べたい人のために、麺が半分づづ入っているメニューも数店にあるそうです

西日本・関西圏と言われます県西部の高岡市にあります「クルン高岡さん」にあるお店だけど「うどん と そばが一緒に・・・」、うどんの方が先に書いてあるよ



« 富山県は東日本・西日本なの | トップページ | 富山のこれを見に来て下さい »

富山県」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
そば、うどんの順番、今まで気にしたことありませんでした。@@
こういうこともあるのですね。

morimoridxさん
こんばんは、メニュー「チャンポン」のお店の名前は「今庄うどん・そば」だそうです。
クルン高岡駅の中にも店を出していますが、高岡駅南口のロータリーにもお店を出しています。この店は「チャンポン」を当店オリジナルと書いていますが、同じメニューは福岡駅にもあるそうで・・・どちらが元祖でしょうかね

新幹線開通後が気になりますね。日帰り圏内になり宿泊も減るような気がします。後は観光だけになりますから、正念場ですね。
もともと呉東では、東京に出かける人が多かったので、これが急増するような気がしますネ。

呉西の方々は、ちょっと微妙ですが、どのような行動パターンになるかちょっと興味があります。

そば、うどんに関係のないコメントですみませんでした。私の感覚で、両方に接してみて、大阪に肌の合う人 、東京に合う人がいるような感じがします。(苦笑)

興味深い記事なので投稿します
実は、呉東に住んでおりますが、事蕎麦とうどんの境界は考えた事が有りません
だが然し、食べるのともなると、手打ち蕎麦ばかりを探して食べております
うどんも美味しいのですが、何故か春夏秋冬一年中ザル蕎麦オンリーのものです

ひでさん、
漢字の「関野屋」さんの方ですね。私は、ひらがなの「せきのや」さんしか食べたことが残念ながらありません。

富山駅は新幹線開業後も4年ほど工事が続きます。派手さが無いオーソドックスな建物です。富山駅と長野駅は46分になります。在来線で金沢駅へ向かうよりも早く到着できる時代になります。人の流れが大きく変わりますね
先日、金沢の大学、専門学校の先生方と話しをしましたが「関東や長野から学生さんが沢山来て頂けると思っていましたが・・・どうやら逆のようですね。」と寂しい話しが聞こえて来ます

jykさん、コメントありがとうございます。
富山市で有名な「村田屋」さんは代替わりされたようですが、村田屋さんは“土鍋うどん”が一番の人気メニューのように思います。でも昔から「村田屋のそば」とは言いますが「村田屋のうどん」とは言わないですし、聞かないですよね。店の入口にも書かれていましたが“そば処”ですよね。私が大好きなのは「田舎そば」とカツ丼です。代が替わっても昔の味のままだったら良いのですが

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県は“そば・うどん”:

« 富山県は東日本・西日本なの | トップページ | 富山のこれを見に来て下さい »