2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 呉羽山からW7を狙っていた | トップページ | ダイオウするめイカ »

2015年1月27日 (火)

城端・氷見線に走る画廊電車

JR西日本から今年の秋から城端・氷見線に県西部の風景を満喫できる特別列車を導入すると発表がありました。

電車の窓を大型化して、富山湾や散居村などの美しい景色を一枚の絵画として乗客の皆さんに楽しんでもらう『走る画廊』をイメージするそうです

JR西日本では「コンセプト列車」は初導入だそうで、路線のコンセプトは『山と海』、車両コンセプトは『走るギャラリー』となるそうです

車体のカラーは貴婦人をイメージするモスグリーンとメタリックゴールドだそうです。定員は50名で、海側の座席は窓向きにして窓枠が額縁風のデザインになります。土・日曜日を中心に年間で100日程度運行するそうで、全席指定だそうだけど・・・平日は普通電車として使用しますと嬉しい話しも

廃線の噂もありました城端線ですが、北陸新幹線の新高岡駅からの2次交通に抜擢されてから偉い出世です。今では「廃線の危機」の言葉を聞くこともなくなりましたよ

Johana_himi_2

実は県西部を走ります城端・氷見線には一度も乗車したことはありません今回の特別列車のアイデアにも「城端線に・・・まさか!」と正直驚きでした

Johana_himi2_2

将来は城端・氷見線は「あいの風とやま鉄道」のような第三セクターに移管されると思っていましたけど・・・JR西日本さんはドル箱の観光路線と考えているのかも知れませんよ

« 呉羽山からW7を狙っていた | トップページ | ダイオウするめイカ »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

JR西日本も、城端線、氷見線を直営で残す決断をした以上
それなりに投資して、収支の向上を目指すみたいですね。

新幹線の新高岡駅で降りた観光客をそのまま取り込んで
でごろな距離にある、自社管内の観光地へ誘導する
つもりなんでしょうね。

なかっちょさん、ありがとうございます。
JRは城端線と氷見線を、この先もずっと運営して行くつもりでいるのですかね。
実はJRは両線を高岡駅で繋げて直通にすることは計画していないような話しが地元新聞の記事に出ておりましたよ。直通にした方が利用者が確実に増えると思います。
「あいの風とやま鉄道」や万葉線までICOCAが使えるようになるそうですが、城端・氷見線だけは情報がありません。ややこしくなりそうです

JRさん、イベント列車作りますね。
氷見線沿い、窓枠からの風景は、まさしく絵画でしょう。
キハなら、どこでも走れるので高山本線での流用もあるのでは?

観光列車、集客の目玉になっていますね。
飛び地JR、なんか不思議です。

しゅうちゃんさん
イベント列車ですが面白い企画だと思います。富山に残るもう一つのJR路線の高山線にも良いでしょうね。海はありませんが神通峡谷は氷見線に負けないくらいに綺麗ですよ・・?・・高山線の景色が良い場所はJR東海の管轄でした

キハ58さん
飛び地JRになりますね。あいの風とやま鉄道がICOCAを導入しますが、石川県のIRさんは導入しませんので、関西から大きな飛び地になってしまいます。金沢駅の改札口に、あいの風の電車を利用する富山人専用のカード端末が設けられるそうです。これも不思議です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城端・氷見線に走る画廊電車:

« 呉羽山からW7を狙っていた | トップページ | ダイオウするめイカ »