2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 新幹線で消えていく特急電車 | トップページ | 市役所から北陸新幹線 »

2015年2月26日 (木)

ポストの上の売薬さん撤去

先日、地元新聞にJR富山駅南口にある『売薬さん郵便ポスト』が北陸新幹線の開業に伴い撤去されることになったの記事が載りました

「くすりの富山」のシンボルとして駅前ポストの上に売薬さんのブロンズ像が立てられてから四半世紀だそうです。

売薬さん像は高さ約60センチ、胴回り約65センチ。行李(こうり)を背負い懸場帳(かけばちょう)を持つ姿で、富山駅南口そばのポストの上から観光客ら駅利用者を見守って来ました。(先日富山駅の見学で整理券貰うのに並んでいたときに撮影しました。)

004_1280x959

なぜかこのポストを管理しているのは、ここからも歩いて5分ほどにある富山中央郵便局ではなくて、ずっと南にあります富山南郵便局だということに驚きました。私だけでしょうか郵便局さんの管理区域は昔から不思議に感じます

005 (1280x932)

ポストは新駅構内の別の場所に新設するそうですが、売薬さん像は撤去の方針だそうです。
富山市民らからは『富山をPRする像が無くなるのは寂しい』との声が上がっているそうだけど、私もそう思います

 

« 新幹線で消えていく特急電車 | トップページ | 市役所から北陸新幹線 »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

私の実家にも、売薬さんが来ていました。
年2回自転車の後ろに行李を付けて、紙風船をもらうのが嬉しかったです。

いやー、残念です。ホームの立山そばも、ホームからなくなるし、列車以外にもいろいろありますね。

邪魔になるとかならわかるのですが、ポストの上じゃ場所もくわないですし、なんで撤去の必要があるのですかね?
新しいものを作るときに古いものを捨てるのはもったいない気がしますね。
どこかに移設される事になるのですかね。

しゅうちゃんさん
私が住む町内にも売薬を仕事にしている人が数人おられます。
子供の頃に同級生の家には、お父さんが家にいないのでどんな仕事なのかと不思議に思っていました。大人になって実は売薬さんで担当する地域のも家を持っていることを聞いて納得したものです

キハ58さん
新しくなることで無くなってしまう電車もあれば、名物ポストも消えそう・・・ポストは新駅に移転するのであれば売薬さん像も是非ともと思います。薬都・富山に住んでおりますが薬のイメージが薄くなる一方で、やがてイメージも消えてしまうかも知れません

おっぺらさん
富山を代表するといえば昔は薬だったのは間違いないと思いますが、今ではどうでしょう・・・CiCビルの前にも売薬像は置かれていますし。時代の流れかも知れないですね。ジェネリックの日医工は滑川ですし、私には薬は富山市周辺のイメージを感じます。
富山市はガラスの都市として、やがて薬よりも注目される時代が来るように感じますが、薬の入れ物がガラスだったところが始まりのようです。今度の富山駅はガラスで演出されているそうです・・・時代の流れでしょうね

ポストは移設して残るのなら、像も残しても良いと思うんですけどね。新しい駅舎に古い像は似合わないという判断がされたのでしょうかね。
JR金沢駅の郵太郎は駅舎が新しくなってもポストが移動してもしぶとく残ってますよ(^^)

あんころさん、コメントありがとうございます。
JR富山駅は仮駅舎ですので工事開始前にはポストも売薬像も別の場所にあったのを移動して置いております。ただ元は何処に設置されていたのか記憶がありません。どこにあっても印象が薄いのだと思います
金沢と富山の歴史に対する考えの方の違いかも知れませんね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポストの上の売薬さん撤去:

« 新幹線で消えていく特急電車 | トップページ | 市役所から北陸新幹線 »