2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 富山BLUEといわれる景色 | トップページ | 北陸新幹線開業まで20日です »

2015年2月21日 (土)

トラムで変わる富山の街

先日、NHK番組の地球アゴラ 『富山大学 鉄道がまちを変える』を見ましたよ。富山大学の学生さん達が、市の中心部に人を呼び込む活動を積極的に行っている姿勢に感動しました

番組の中で聞いた「富山の自慢はトラム・・・目から鱗が落ちる思いでした。
昔から乗り慣れた「トラム(市電)の素晴らしさを忘れていましたよ

Sp20150218224614

初めて富山市を訪れた観光客の男性が環状線セントラムに乗車しながら
『トラムは、その街を理解するのには一番良い手段ではないでしょうか。』
インタビューされていたけど・・・
この年配の男性の言葉が本当に嬉しく思いました

SP20150218224638

富山市は『コンパクトシティ先進モデル都市』にパリ、メルボルン、富山市、バンクーバー、ポートランドと世界の5都市の一つに選定されています。

SP20150218224657

« 富山BLUEといわれる景色 | トップページ | 北陸新幹線開業まで20日です »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

忘れちゃ、ダメですよ^^/

この時代だからこそ、路面電車。
大事に残して欲しいです。
それにしてもセントラム、カッコいいです。

キハ58さん
やっぱり富山県人は極端な自動車に依存した生活をし過ぎです。大人になったら自家用車を手に入れ、電車に乗っていたことを忘れてしまうんだと思います。新しい住宅を建てる際には、車でしか行けないような郊外の土地を求めて行きます。やがて近くに住宅が増え、スーパーができますよと言われて・・・・有り得ないことですね。

しゅうちゃんさん
富山のトラムは実はまだまだ延伸の話しがあります。富山大学のキャンパスの中を通して、大きなキャンパスの中を歩く学生さんの利便性のアップに応える計画が新聞に掲載されていました。
でも、その先の将来ですよね。コンパクトシティを達成するのであれば、更に延伸を目指さないといけないと思います。私は今の環状線の外回り環状線を期待しています

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラムで変わる富山の街:

« 富山BLUEといわれる景色 | トップページ | 北陸新幹線開業まで20日です »