2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 富山駅南口のツツジが綺麗 | トップページ | 泊駅で1時間30分待ちでした »

2015年5月10日 (日)

富山地鉄の名駅舎・東三日市

以前にも記事にさせて頂きました黒部市にあります富山地方鉄道の「東三日市駅」です。先日、くろワンきっぷを利用しました際に訪れました。

東三日市駅は『訪ねておきたい名駅舎・絶滅危惧駅舎』として紹介されています。 以前、訪れたときから2年半経過していましたが・・・現在も元気に存続していましたよ

1922年(大正11年)に富山地方鉄道の前身の黒部鉄道さんの駅として開業したそうです。あと数年で開業から100年を迎える東三日市駅ですが絶滅危惧駅と言うのは失礼ですよね。選ばれた理由を是非とも聞いてみたいですね

021_1280x960

驚くのは開業当時の駅舎が現在も使われているそうです駅員さんは平日の朝のみ常駐しておられます。駅の近くには黒部市役所、黒部市民会館、県立桜井高校があります。

024 (1280x960)

『定期券拝見』の表札が今でも取り付けられています
地鉄電車はICカード定期ですので、定期券は存在しないのですが・・・・今でも威厳を示していました。

023 (1280x960)

先日まで特急電車も停車していたのですが、北陸新幹線の接続駅の新黒部駅に特急電車が停車することになったため、東三日市駅は通過することになりました。

025 (1280x960)

絶滅危惧駅舎の東三日市駅は富山地鉄さんの駅のなかでは、日頃のお世話が行き届いており状態が良く見えました 

« 富山駅南口のツツジが綺麗 | トップページ | 泊駅で1時間30分待ちでした »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

こんなレトロな感じの駅舎がまだ残っているのですね。

駅名板の「日本海みそ」の広告が、ローカルムードをただよわせていますね。

こういった駅、いつまでも残してもらいたいものですね。

京阪快急3000さん、こんばんは
富山地鉄の「東三日市駅」は駅舎にコンクリートが使われておりますので、新しくさえ感じてしまいます。他の地鉄駅には完全に木造の駅がいくつか残っています。電車が通リ抜けると、駅が崩れ落ちる危険性があるのではとさえ思います。でも、このローカル駅舎がローカル過ぎて逆に人気があります。

どっぷりに、はまってきてますね
それにしても、富山地鉄さんは素敵な撮影ポイントが多いですね。

一見民家のように見える駅ですね!
待合室は、間違いなく駅・・・西魚津駅に続きメモメモ(^.^)

しゅうちゃんさん
お陰様で富山の鉄道の魅力に半世紀生きて来てやっと気が付いた気がします。
それも今思いますと新幹線がやって来たことが転機でしたね。これからは新幹線や在来線よりも・・・最終的には魅力一杯の地鉄電車に戻ると思います

地鉄に乗ることは(乗ったことは)ないので知りませんでしたが、こんなレトロな駅まだあるんですね。
いつまでも大事にされていけばいいですね。

キハ58さん
富山地鉄さんのレトロ駅の最高峰は「西魚津」と「寺田」が双璧ではなかろうかと私は思います。それ以外にも魅力を感じるのは木造でしたら「浜加積」「中加積」でしょうか。浜加積、中加積の両駅は崩れそうで心配しています

おっぺらさん
富山地鉄の東三日市駅の横には商店街もあって地元の人達の大事な駅になっていると感じますよ。
おっぺらさんの奥様の実家があります魚津市にある「西魚津駅」ですが、人気があって全国からファンが訪れていますよ。この駅のレトロ感は富山地鉄の駅の中でも最高峰の一駅だと思います。無人駅ですし、是非お立ち寄り下さい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山地鉄の名駅舎・東三日市:

» ケノーベルからリンクのご案内(2015/05/11 08:47) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 富山駅南口のツツジが綺麗 | トップページ | 泊駅で1時間30分待ちでした »