2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 魚津駅に売店復活「魚源商店」 | トップページ | カモシカ君が街にやって来た »

2015年6月12日 (金)

輝く蒸気機関車「チャコ」

先日の「魚津神社」さんの祭礼で、車を駐車した場所から結構歩きました。
残念ながら魚津ではコインパーキングが駅の近くの歓楽街周辺にしかないから遠くなってしまいます

通り沿いの住宅に咲いていた薔薇がとても綺麗でした。
手入れが良いからか素晴らしい花を咲かせています

031_1280x960

通りかかった小学校で蒸気機関車の『チャコ』を発見。

032 (1280x960)

以前、新聞で紹介されていたけど大正12年にドイツで製造され、日本カーバイド工業の魚津工場が昭和13年に購入したそうです。オレンシュタイン・コペル社製だそうです。
当時は国鉄魚津駅と工場を結ぶ引き込み線で使用され、原材料や製品を載せた貨車を引いていたそうです

034 (1280x960)

昭和40年に村木小学校に寄贈されたそうですが、保存中に何度も黒ペンキを塗られたようにも見えますが・・・子供達が大事に磨いているそうですよ
小ぶりの機関車ですが卒業していった子供達の思いで輝いて大きく見えました

« 魚津駅に売店復活「魚源商店」 | トップページ | カモシカ君が街にやって来た »

魚津市」カテゴリの記事

コメント

一昔前、大きな工場には引き込み線があって、専用の機関車が活躍していました。
蒸気機関車が学校で大事に保存されているのは珍しいですね。

しゅうちゃんさん
富山市の城址公園にも蒸気機関車が目立たない場所に保管されています。
ただ保管され始めてから時間が経ち過ぎまして「どうしてここに保管されているのか。」、不思議に思っている人がほとんどだろうと思います。もう片付けた方が良いんじゃないと思うほどの中心部に置いてあります。思い切って「富山駅」の駅前で保管すればと思います。

絵に描いたような機関車で、可愛いですね。
日本カーバイドの貨物用だったのでしょうか、業種からして結構な重いものを引っ張っていたのでしょうね!

キハ58さん
日本カーバイト工業さんですが、魚津で創業して今年で80年目だそうです。
歴史がある企業ですが何をしている会社なのか知りませんでした
調べてみましたら世界12カ国に社員3700人もいる大企業でした。

実は私の妻が村木小学校の卒業生で、もちろんその当時から汽車はあったようで、卒業生が卒業を前に汽車を磨くという伝統が受け継がれているらしいですよ。

おっぺらさん
奥様は魚津の街なかのお生まれなんですね。
蒸気機関車に乗ってみたかったのですが、学校の当直の先生から注意されそうで止めました。今でも小学校には当直の先生っておられるんですよね。
魚津のこの辺りには「とんかつ」の美味しいお店がありますね。海沿いなのになぜか豚さんの美味しいお店が数件あります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輝く蒸気機関車「チャコ」:

« 魚津駅に売店復活「魚源商店」 | トップページ | カモシカ君が街にやって来た »