2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 護国神社で万灯みたままつり | トップページ | コストコGSで給油しました »

2015年8月 2日 (日)

駅前では工事が続いています

富山駅の中では北陸新幹線開業後も工事が続いていますが、「とやマルシェ」入口周辺の歩道の工事が終了していました。

随分と長い時間掛けて工事をやっていましたが、完成してみたら何のことはないただの通路でした。オブジェでも登場するかと期待していましたが・・・・寂しかった。

今度は駅に乗り入れます市内電車・トラムの軌道周辺の工事が始まっています。造園業者さんの車も来ていたから、若しかしたら芝生公園やオブジェが完成するかも知れないよ

112_1280x960

南北自由通路入口前でも工事が始まったんだけど・・・新幹線開業に間に合わせるのに急いで仕上げたようで・・・完成してると思っていた部分を再工事しているように見えました

115_1280x960_2
新幹線の開業後に県庁所在地の駅で、これだけ沢山の工事やっているって・・・やっぱり珍しいよね

120_1280x960
駅の入り口では天井からミストが出ていましたが、この日は暑過ぎでした

« 護国神社で万灯みたままつり | トップページ | コストコGSで給油しました »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

確かに、意外な感じがします。開業年、早くから決まっていたのですからね。
何か事情があるのでしょうかね?

日に日に変わる富山市ですね・・・今年の終わりごろ、富山市に視察に出かける予定です。とっても楽しみにしています。

キハ58さん
富山駅と周辺の高架化工事が遅れたのには事情が存在するようです。
その遅れが全部の遅れに繋がっていて、恥ずかしながら今でも工事が続いております。その事情ですが、富山駅周辺では踏み切りではなく、早くから地下道を造ることにより車や人を通していましたので、高架化を急ぐ必要がなかったとテレビで言っていました。

でんでん大将さん、これは嬉しい話しですね。
もしかしますと、富山市が取り組んでいるコンパクトシティ政策の視察なのではと想像します。公共交通を軸としたコンパクトな街造りです。今年で10年を迎えています。
私のように中心市街地に住む人はとても便利になりましたが、郊外に住む人達は逆に少しづつ過疎状態に突入していると感じます。県庁所在地で過疎ですよ。
街なか居住を進めることにより、街の再開発で地価が上がる、やがて市の税収が増えると見事な狙いです。それには意図的な過疎を郊外に起こすのが効果的ですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅前では工事が続いています:

« 護国神社で万灯みたままつり | トップページ | コストコGSで給油しました »