2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 観光列車べるもんた | トップページ | 遅かった五百羅漢の紅葉 »

2015年11月10日 (火)

ちてつ電車フェステイバル2015

今年も11月8日に行われました富山地鉄さんの『ちてつ電車フェスティバル』に出掛けて来ました。場所は稲荷町車両基地です。なんと今年が15回目だそうで・・・驚きました

この日は朝は雨が降っていたからでしょうか、到着しました11時頃は意外と空いておりました。その後、鉄道ファンのような人や親子連れが沢山やって来ましたけどね。

Dscn2514_1280x960

理由はすぐ分かりましたよ。今年は鉄道Big4『南田裕介』さんがゲストで来ておられましたよ

DSCN2502 (1280x930)

南田さんの「どこから来られましたか?」の質問に驚いたのは・・・県内に手を挙げた人が少なかった。半数以上が県外の人達で東京、大阪、名古屋、岐阜、石川・・・鉄道ファン恐るべしです

DSCN2510 (1280x960)

南田さんとスーパーベルズの『野月貴弘』さんとの2人での絶妙なトークショーは時間が経つのが早かったです。

DSCN2537 (928x1280)

クイズの出題もあったけど・・・問題(席を外していたら聞きそびれました。)は「富山地鉄の人気の駅ランキング」でしょか?・・・難しかったです。

DSCN2523 (1280x960)

富山では子供達や電車が大好きな大人達が喜ぶイベントは『ちてつ電車フェスティバル』・・・でも知らない人が多過ぎです

DSCN2532 (1280x960)

ファンクラブ会員としては、あいの風鉄道さんにも鉄道フェステイバルやって欲しいと思います。利用者1000万人を想定外のスピードで達成したんだから、感謝イベントも必要だよね。

« 観光列車べるもんた | トップページ | 遅かった五百羅漢の紅葉 »

鉄軌道王国・富山」カテゴリの記事

コメント

フェスティバルのレポ、ありがとうございます!
BIG4で取り上げているし、南田さんはピッタリのゲストでしたね^^/

キハ58さん
笑神様の番組が終了して、鉄道BIG4の今後の活動はどうなるのでしょうね。
富山地鉄の特集のさいに「宮川大輔」のそっくりさんが登場したのを憶えています。
南田さんがホリプロのマネージャーとはつい最近まで知りませんでした。
一番芸人ぽく見えてしまいます。

富山地鉄さんのイベントだったら行きたくなりますよね。
羨ましいです。

午前中のトーク、内容は地鉄乗降数の5位から15位の11駅を当てるという「帰れま10」でした。午後のも、そしてエンディング(オークション品の落札発表)前も地鉄ファンのことをよく考えた内容であり本当に楽しかったです。big4の活動がどうなるか気になりますがまたナマで拝顔できる機会を祈りつつ稲荷町をあとに致しました。

しゅうちゃんさん
富山地鉄さんのイベントですが、もう少し宣伝したらと思います。
イベントを知らない人が多くて、知っていたら10倍近い人が訪れるのではと思います。ただ、それだけの人がやって来たら、恐ろしい結果になるとも思いますけどね

tmc1973さん、こういうコメントが一番嬉しいです。
問題の発表があったとき、一番奥のレトロ市電の近くにおりました。ちょうどやって来たのが写真のレッドアローです。
「帰れま10」ですか面白いですね。乗降客数のランキングは、私には全く分からないですね。誰かが「月岡」と答えたのですが・・・40位ほどだったように思います。ここで若しかしたら、人気ランキングではないのではと思いました。コメントをありがとうございました。私、来年もまた行きますので機会がありましたら、ご一緒しましょう

ありがとうございます。去年までは都合が悪く行けなかっただけにとにかく行って良かった…に尽きます。今後は撮影会もいいのですが基本的に撮り鉄じゃないので何か地鉄としてのこれは!というイベントがあるとチェックしたいと考えます。その切は何卒と思います。

tmc1973
今年で地鉄フェステイバルは6回目だそうですね。私は今年が4回目の訪問になりました。ただ、少しづつ規模が縮小しているようにも感じます。まあ一番最初に出掛けたのは、映画撮影の時でしたので映画PR目的もアリアリでしたけどね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちてつ電車フェステイバル2015:

« 観光列車べるもんた | トップページ | 遅かった五百羅漢の紅葉 »