2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 富山駅南口前の広場東側やっと完成 | トップページ | 富山地鉄の年末年始フリーきっぷ »

2015年12月27日 (日)

今年のニュースは・・・北陸新幹線

今年の富山のニュースのトップはもちろんですが「北陸新幹線の開業」です。あの日(3月14日)は金沢から到着する一番新幹線富山駅に迎えに行きました。まだ一年も経っていないのに懐かしくさえ感じます。

新幹線開業前のテレビ番組では「新幹線は乗客と一緒に文化を運んで来る。」と言われていましたが、富山には関係なかったかな。何も大きく変わったことはないように感じます

004_1280x944

確かに観光客さんは増えました。富山の宿泊客の増加率は、前年比で全国一位だそうです。ただ観光客さんは富山市から遠く離れた観光地に多く行かれた。富山駅に観光客さんを送迎に向かう観光バスは大きく増えていますね

077_1280x848

でも東京の文化が入り込んで来た実感はまだ弱いですね。富山は「新幹線がやって来る前から東京の文化が入り込んでいた。」・・・それも弱いかな

050 (1280x807)

やがて関西方面が遠く感じて、関東方面が近く感じるように・・・人の気持ちが大きく変わって行くのは間違いなさそうですよ

特急電車が富山にはやって来なくなったけど・・・最初の頃は、周りの人達は「困ったね」と言っていましたけど、既に話題に出なくなりましたね

『良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。』

« 富山駅南口前の広場東側やっと完成 | トップページ | 富山地鉄の年末年始フリーきっぷ »

富山県」カテゴリの記事

コメント

北陸の一番はやはり開業でしょうね。
そうですよね、今までは関西を向いていましたものね。
これから新幹線をどう活用するかでしょうね。

こんばんは。

今年は北陸新幹線の開業で、富山や金沢など、北陸への観光客が激増した1年だと思いました。

いろいろな富山の話題を、今年もありがとうございました。

新年も、良いお年をお迎えくださいませ。

しゅうちゃんさん、今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
そうなんですよね。富山県は関西圏になります。間違いなく関西を向いています。
それも石川に近い県西部の人達はその度合いも強くなります。言葉にも関西のイントネーションが薄くですが交じることがあります。
それが富山市に来ますと極端に弱くなって、「富山市の人は東を向いている。」という言葉が本当に使われております。
ただ大きく人口が減る時代ですので、西も東も関係なく一緒にならないと・・・コンパクトな県なのが救いのように思います。

京阪特急3000さん、今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
先日、京阪電車の中書島駅の写真を見させて頂きましたが、昔(30年ほど前)は地味な駅だったように記憶しています。
今年は北陸が注目されましたが、北海道新幹線が開業しますとさすがに観光客は大きく減るでしょうね。大阪まで新幹線を早く延伸して行かないと、富山の人達は関西に出掛けるのが不便です。乗り換えることも不便ですけど、快適な新幹線→特急電車への乗り換えはガッカリしますね。関西は高速バス利用でしょうね。

こんばんは。

北陸新幹線の金沢延長は、今まで関西あるいは中京の経済圏と
思われていた北陸地方を完全に首都圏の影響下に
取り込んでしまいましたね。

敦賀~大阪間は、開業予定はおろか大まかなルートすら
決まっていません。米原・湖西・小浜に加えて、京都経由のJR西案
まで飛び出して混沌としてます。

もう関西には、政治・経済の道筋を自ら決める指導力すら失われた
かと情けなくなります

最後を愚痴で終わらせてしまってすみませんm(__)m

よいお年をお迎えください。
来る年も、楽しい富山の話題を期待してますよ

なかっちょさん、今年一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
なかっちょさんの記事は毎記事しっかりと見させて頂いております。
北陸に住んでおります自分からしますと東西への思いは、現在は位置関係の通りになっているような気がします。金沢は中間で東西ともに影響され、富山は東寄りが確実に強くなりましたね。福井は北陸を離れ、関西に飲み込まれたようにさえ感じています。
私が関西に出掛けて行くのは、この後はいつになるか予想もできない状況です。
USJ大阪には出掛けて行きたいですね。

結びの言葉を見るに、今年最後の記事になるのですか?
今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
今年の富山の一番のニュースは文句なく新幹線の開業でしょうね。しかしまだ乗る機会はありません。
観光客は増加したのでしょうが、それに携わるような仕事もしていないのかあまり実感としては感じられませんね。SILVIAおじさんのように富山市中心部にお住まいの方は実際に増えた観光客に触れる機会も多いと思いますので変化も感じることでしょうね。
たった一年で急激に変化するとはあまり考えられませんが、東京への距離が近くなったことは富山県にとってもさまざまなメリットがあることだと思います。

おっぺらさん、これが今年最終かも知れません。
こちらこそ今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
新幹線がやって来てもすぐに影響が出て来るものはなかったですね
以前、会社の人達に「新幹線がやって来て早くに変わるのは『言葉』だよ。あっという間に富山弁を使う人はいなくなるだろうね。」と話をしていた記憶があります。
今でも富山弁を遠慮なく使っている人が多いこと、影響などどこにもありません
私の住む周辺では昔から色濃い富山弁を使う人がいないのも事実です。最初から言葉は変わりようがありませんでした。郊外の人達は変わらないでしょうね
良い年をお迎えください。

素敵?というとオーバーですが数ある県内の鉄道等を取り上げるブログの中でいいものに触れて良かった!と思います。言うまでもなくわが家からは新幹線が見えますが(黒部宇奈月温泉駅までは見えません)くる年もたくさんの往来がある事でしょう。二次交通など新川地区もまだまだ問題を抱えていますが、良い形で波及効果が表れるよう祈って締めくくります。ありがとうございました。

tmc1973 さん、ありがとうございます。
このコメントに気が付きましたのは、電鉄黒部駅の待合室でした
年末なのに大掃除もしないで、先日コメント頂きました地鉄の年末ふり~きっぷを使用しています。電鉄黒部駅から電鉄富山駅に戻ったのですが、やって来たのは特急のアルプスエキスプレスでした。これはラッキーでした。

近頃、このブログを書き始めた意味が自分でも分からなくなっています
富山の素晴らしさを、「富山に住んでいるけど気が付いていない人達に気付いてもらいたい」のと、「富山を離れて戻って来ない人達に想い出してもらいたい」の気持ちで始めたのですが・・・もしかするとソロソロ切り替える時期なのかなとも思っております。
良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

こんばんは。
今年は、鎌倉の往復に北陸新幹線を
利用させていただきました。
行きは「かがやき」、帰りは「はくたか」でした。
新幹線は、とても快適でした。
富山は、今年はやはり新幹線でしたね。
今年もありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

morimoridxさん、こんばんは。
私は明日の元旦に富山駅⇔金沢駅のお得な往復自由席切符で新幹線を利用して来ます。北陸新幹線も予想以上の利用率のようで、これだとお得なホテル宿泊込みのチケットが登場するのは先のことになりそうですね。もう少し庶民でも利用できる料金設定に早くなって欲しいです。
なんだか金沢ばかりが注目され過ぎですね。観光都市ではない富山市としては仕方がないかも知れないですが、もう少し早く富山駅周辺の開発に着手できなかったでしょうかね。
今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

旅情の点ではクエスチョンもありますが、吹雪豪雪でも運行できる新幹線の力が発揮される雪国の新幹線と思います。
北陸の活性化が続くといいですね!
今年もありがとうございました。
良いお年をお迎えください(^.^)

キハ58さん
北陸新幹線は乗車率が好調のようで、JRさんもホクホクのようですね。
昨日も富山駅に出掛けて来ましたが、駅周辺にいる人の数が凄かったですね。
旗を持ったガイドさんのあとを行く観光客さんがいたりと、昨年までは考えれないことです。
そして富山駅に観光客を迎えや、送って来る観光バスが凄く増えました。
富山のホテルも満室で予約が取れないそうです。でも今年がMAXだと思います
今年も一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のニュースは・・・北陸新幹線:

» ケノーベルからリンクのご案内(2015/12/28 08:45) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 富山駅南口前の広場東側やっと完成 | トップページ | 富山地鉄の年末年始フリーきっぷ »