2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 「家族に乾杯」で専念寺の傘松 | トップページ | 地鉄さんの『年末年始ふり~きっぷ』 »

2015年12月16日 (水)

富山は空港も「きときと」です

先日、東京からのお客様を迎えに行ってきました。
富山空港開港50周年、富山県置県130周年になるのを記念して、愛称を『富山きときと空港』としました。

Cameringo_20151214_161037
日本で唯一河川敷に造られた空港です。滑走路やエプロンなどは富山市を南北に流れます一級河川「神通川」の右岸の河川敷にあります。

「きときと(きっときと)市場」「きときと寿司」「きときと君」・・・「きときとライナー」、ご存知だと思いますが『きときと』は富山弁で新鮮」という意味です。

Cameringo_20151215_183550
河川敷にありますので、冬場の大雪や春先の濃霧による欠航が多いのも特徴です。空港の北には婦中大橋、南には新保大橋がありますので滑走路の延長は超~困難です

« 「家族に乾杯」で専念寺の傘松 | トップページ | 地鉄さんの『年末年始ふり~きっぷ』 »

富山市」カテゴリの記事

コメント

今年は新幹線開業しても、羽田から2往復利用しました。(新幹線は1往復)
旅割予約だと片道1万円を切るので、とても嬉しいです。

なんとか6便維持してくれないかと祈ってます。
安い運賃で乗って、都合いいですが…笑

リンクのような激励の言葉もありますし、なんとか
路線や便数を増やせるような取組を県には期待してます。

http://www.tulip-tv.co.jp/sp/news/detail/20151214190219

SILVIAおじさんさん こんにちは。
きときとなお寿司に誘われてお邪魔しました。
先日福井県に出掛けた時はスケジュールの都合で富山県はスルーしてしまいましたが、黒部渓谷鉄道・富山市の都電電車・相倉合掌造り集落・瑞龍寺などの寺院などなどいろいろと訪れたいところがありますし、なにより富山湾のきときとな海鮮が魅力ですね。

ヨネさん
富山⇔羽田便の6便体制は難しいかも知れないですね。
この日ですが空港の駐車場は、ターミナルビルの近くでも空いておりまして・・・そんなことは今までなかったですね。
何か良いアイデアは無いものでしょうかね。飛行機を利用する人達は、富山空港の駐車場が無料なことを挙げられますね。それ以外に飛行機を利用する理由は無いようにいわれますよ。富山でも公共交通が充実していない地域の人達(車で交通の拠点に出掛けざるを得ない人達)が狙い目でしょうね。

浅間通信員さん
先日、福井県に出掛ける予定との言葉を何かで見ましたよ。ぜひ、富山にも立ち寄って頂きたかったです。北陸新幹線で富山⇔長野がほんとうに近くなりましたね。私も新しくなりました長野駅を見に出掛けて行きたいです。もうしばらくすると、宿泊込みのお得な新幹線チケットが出るでしょうね。期待して待ちたいと思います。

きときと空港のネーミングセンスについてはいろいろあるでしょうが、富山空港は割と便利ですよね。市街地からも近いですし。難を言えば電車で富山駅に行ければいいかもってくらいですが、バスでカバーできますし。
案外空港って県の中心から離れている事が多いですよね。小松空港も金沢からは遠いですし。
こぢんまりとした空港であまりだらだら歩かなくていいのもいいです。
なかなか利用する機会はありませんが。

おっぺらさん
富山のように平野が大きく広がっているのに、河川敷に空港を持って行くことをどうして考えたのでしょうね。
空港があるのに、その近くにはビジネスホテルが一軒もないのが昔から不思議に思っています。市街地に近いから、到着された乗客は早くに空港を離れるんでしょうね。
郊外に空港を造るのは仕方がないと思いますが、近くにテクノホールや総合体育館や総合運動公園まで造ったのは、中沖県政の失敗だったと噂されていますね

ANAの社長から、羽田便の減便示唆が出ちゃいましたね…。
搭乗率は悪くないはずなので、能登空港の搭乗率保証の考え方ではないですけど、
目標搭乗率を決めた上で、特割運賃と旅割運賃の差額負担、とか
本気で県が6便維持をしようとするなら、手を打たないとダメでしょうね。

あとの祭りですが、JAL就航時にもっと手厚く支援して、ダブルトラックを
維持できるように取り組むべきだと感じました。

現状、ANAとしか交渉のチャネルがなく、実質、
陳情になっていますので。。

活用策は、だいぶ対策されている感もありますが、
・高山・立山観光の玄関化を進める(観光シーズン中はバスのルートに組み込む)
・できるなら、金沢⇆富山の高速バスを富山空港経由とする。
・空港⇆県内地域間(南砺、砺波、小矢部、高岡、黒部、魚津など)小型バスの運行
高速バス停の新設での利用者増を狙う
・森市長的にはNGでしょうが、空港周辺に大型SCを誘致する。

等でしょうか。

自動車来訪者を増やす施策と新幹線駅から
遠い企業、住民への啓蒙の両面でしょうかね。

ヨネさん
今朝の新聞の一面の見出しに「往復2便以上減」と書かれていましたね。
私はヨネさんが書かれていますなかで、空港⇔県内地域間の小型バスの運行で利用者増を目指すのと・・・大型SPが富山市には絶対に必要です。県西部の大型店へと、富山市の人達が車を走らせるのを見ますと腹立たしくさえ感じています。一番良いのは中心部に大型店を入れるのが最高と思いますが、地価が高過ぎて難しいですね。
中心部は官庁・ビジネス街、文教(総曲輪小跡地)地区、マンション街へと様変わりして行きそうです。

この流れは止めようがないんでしょうかね…。
羽田減便は受け入れたとして、代わりに
羽田朝夕便の大型化や、福岡、伊丹、名古屋、成田便等の各路線に
就航してもらう、とか空港維持ができる方法を模索して欲しいです。

中心部で商業施設の計画は、総曲輪のシネコンと西武跡マンションの
低層階の小田急系の出店でしょうか?

方法として、大型店には郊外店の出店を許可する代わりに
中心部にも出店してもらう、とかが現実的ですかね。

見向きをしてもらえるか?という課題はありますが、
イオン・フォーラス連合を受け入れるとか、
ららぽーと・三井アウトレット連合やプレミアムアウトレット・三菱地所系の
商業施設など、富山駅前の南西エリア(魚市場、バス駐車場エリア)は、
マリエやcicのような中途半端な施設ではなく、本気の商業施設の開発を期待してます。

正直、総曲輪エリアへの投資が偏重している気がしていますので、
駅前、総曲輪、郊外とバランスよく、商業施設が
配置されるのが、望ましいとおもってます。

ヨネさん
コメントの内容は納得できる事ばかりです。
小田急系や、ららぽーとまで登場するとは驚きで、私よりも凄く勉強しておられます。
富山駅の南西エリアは、富山県の玄関として「富山市も凄いね」といわれるような開発を期待しているのは同感ですが、郊外は私は切り捨てるべきと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山は空港も「きときと」です:

» ケノーベルからリンクのご案内(2015/12/17 08:45) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 「家族に乾杯」で専念寺の傘松 | トップページ | 地鉄さんの『年末年始ふり~きっぷ』 »