2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 立山町『みらいぶ』は素敵な建物だった | トップページ | KNBバザール今年も大賑わい »

2016年7月 3日 (日)

『さかな屋撰鮮』間もなくオープン

先日も記事にしました富山駅前で整備されている『さかな屋撰鮮(せんせん)』の建物はほとんど完成しているようで、限定3年間のオープンに向けて準備中です

富山駅南口広場のおよそ540㎡を利用した平屋建ての建物です。
富山湾でその日水揚げされた魚介類を販売する『鮮魚店』と、新鮮な素材を活かした刺身や寿司などの魚料理を提供する『飲食店』が設けられます。目指すのは「新鮮朝どれ」「富山湾産」「庶民価格だそうです。

Dscn3863_1280x960

北陸新幹線で富山駅にも大勢の観光客さんが来ておられますが、「駅周辺のどこへ行けば新鮮な魚を食べれるのという問い合わせが多かったそうです。
駅周辺に魚料理専門店もあるのでしょうが・・・私に聞かれても答えれませんでした

DSCN3861 (1280x960)

富山駅の近くに新鮮な魚を買うことができる市場があると思っておられるそうです。
富山駅の観光案内所に大勢の方が聞きに来られるそうですが・・・新湊の市場は富山駅からバスで一時間近くも掛かります

DSCN3864 (1280x960)

肝心のオープンの日だけど、さかな屋撰鮮さんのFacebookをチェックしたけど日付はどこにも・・・でも、ある記事に7月16日の見通しを見付けました。
たしか前日には、富山駅前では『ととやま』もオープンだそうですから、連日のオープンで間違いなさそうだね
   

« 立山町『みらいぶ』は素敵な建物だった | トップページ | KNBバザール今年も大賑わい »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
以前、遠方の親類がきたときは須田ビルで魚を手に入れていましたが
駅前のそこがみすぼらしいという理由でCICになったと記憶しています。
金沢の近江町市場のようになっていれば立派な観光スポットに
なっていたのでしょうが規模が小さかったですね。

morimoridxさん、こんばんは
須田ビルがCiCに生まれ変わって来年で25年になるそうです。CiCビルを県庁側から見ていますと、都会のビルの様に感じておりました。

実はCiCの地下に魚屋さんが確か一店舗、今も残っておられんですよね。
昔、須田ビルで魚を扱っておられた他の方達は、大阪屋太郎丸店にあった「きときと市場」に移られ、その後は掛尾に移られました。そして今回、富山駅前に戻られるのだと思います。駅前に戻ることは、彼らの積年の思いなのではないでしょうか

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『さかな屋撰鮮』間もなくオープン:

« 立山町『みらいぶ』は素敵な建物だった | トップページ | KNBバザール今年も大賑わい »