2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 富山と高岡の「街なか地場もの屋」 | トップページ | 「神岡城」は越中攻めに築城された »

2016年7月21日 (木)

CiC一階に「ととやま」移転オープン

7月15日、富山駅前にオープンしたのは「さかな屋撰鮮」ともう一つは「ととやま」です。もう出掛けられた方も多いと思うけど・・・16、17日と2日連続で出掛けて来ました。あれ?「ととやま」ってなんだろう。

Dscn3940_1280x960

CiCビルの5階で運営していた「物産センター富山」が1階に移転オープンされました。物産センターは何度も利用しておりますので別に目新しいものがある訳ではないだろうな。でもセンスの良いお店で好印象でした。

DSCN3931 (1280x960)

『ととやま』では県内各地の特産品や地酒・工芸品などおよそ1800品目を販売しているほか、ます寿しの実演販売コーナーも設けられています。

富山の地酒を集めたコーナーが誕生していたのは嬉しかったね。一杯200円で試飲させてくれるそうだけど・・・この日は残念なことに車でした

cameringo_20160716_134856 (1280x960)

富山市の中心市街地の人達は自分の好みの“ます寿し”持っているだろうから、ここでは買わないかも知れないね

さっそく買い物客などで賑わっていましたよ。5階にあるよりも随分と目に付くよね。これは利用者も増えるだろうし、売り上げも伸びるだろうね

DSCN3944 (1280x960)

小鯛の蒲鉾ですよ。富山の蒲鉾には板が付いておりません。富山の人達は昆布巻き蒲鉾が大好きです。

コンセプトは『街と富山』、『人と富山』、『物と富山』
『ととやま』
という名前には、富山が様々なものと出会う場所にしたいという願いが込められているそうです

cameringo_20160716_135156 (1280x960)

結構の人で賑わっていたけど、観光客さんというよりも・・・「新しいも好きな富山市民」の皆さまですね

とにかく新しいものがオープンすると早いうちに出掛けて行った自己満足を大切にする真面目な人達が沢山住んでいます

« 富山と高岡の「街なか地場もの屋」 | トップページ | 「神岡城」は越中攻めに築城された »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

駅前情報、いろいろありがとうございます。
ととやま・・・いいネーミングですね~!
地元も観光客にも、というのが集客を続ける力になりますね。

キハ58さん
こちらこそ、いつも楽しい話題をありがとう。
キハ58さんの行動力に驚いています。
もう記事の連続投稿はどれくらいになられるのでしょね。
これからもよろしくお願いいたします。

こんばんは。
まだ行ってないのですが、とと(さかな)と
とやまをかけてつけた名前だと思っていました。

morimoridxさん
もう出掛けられた方も多い・・・まだまだ、そんなことは無いと思います。
「ととやま」は良いのですが、CiCの地下には他にも富山の名産を扱うお店があるのすが、残念ながら「ととやま」から人が流れるような配慮のかけらもありません。
これが勿体ないと思います。morimoridxさん、大好きな四角いお好み焼き屋さんの並びのお店です。もう地下にお店は必要ないかも知れないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CiC一階に「ととやま」移転オープン:

» ケノーベルからリンクのご案内(2016/07/22 08:46) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 富山と高岡の「街なか地場もの屋」 | トップページ | 「神岡城」は越中攻めに築城された »