2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 富山駅前でアグリ ・マルシェ開催 | トップページ | 「さかな屋撰鮮」グランドオープン »

2016年7月14日 (木)

国道沿いの地区に住んでいます

富山市でも一番便利といわれる国道沿いの中心市街地に住んでいます。
「街なか地区」「郊外のロード店街」の中間に偶然のように生まれた誰もが知っている便利な地区です

お陰様で20年ほどで急激に大きく伸びた地区としてとても有名です。
そこに素敵な図書館や大きなシネコンが歩いて行ける距離に誕生しております。そして昨日は大型スーパーがオープンしましたよ

Dscn3904_1280x960
さらにさらに便利な地区へと進化しているのに対して、逆に富山駅があるような「街なか地区」の方が日常品の買物などの利便性が弱くなるのが、現在の富山市の問題です

富山で現在一番注目しているお店は富山駅南口にいよいよオープンします『富山駅前 さかな屋撰鮮』になります。

DSCN3902 (1280x960)

建物が完成して、先日関係者だけの内覧会などあったようだけど・・・もちろん関係者ではありませんのでお店の中に入ることなどできる訳もなく寂しく新聞記事を読んでおりました

DSCN3900 (1280x960)

約100人の関係者に刺身や寿司、シロエビコロッケなどが振る舞われたそうだけど羨ましいね。オープンは16日だそうだけど・・・前日15日の午前11時にプレオープンしてそのまま通常営業に入るようなこと書いてありました

もちろん初日に行きたいと思いますが激コミでしょうね。一部メニューの写真がFacebookに公開されていたけど「おらっちゃマグロ丼 1380円」が美味しそうで、これを最初に頂くことを決めています

DSCN3905 (1280x960)
DSCN3901 (1280x960)

「おらっちゃ」とは富山弁?でしょうね。 「俺たちの」になるでしょうか、私のような中心市街地に住んでいる人達は子供の頃から使う事すらない言葉になります。

富山弁は「〇〇ちゃ」と話すんだけど・・・女性が使うととても可愛く感じます。でも残念だけど、これも私達には随分前から話さない聞かない言葉になっています

« 富山駅前でアグリ ・マルシェ開催 | トップページ | 「さかな屋撰鮮」グランドオープン »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

富山市内では「おらっちゃ」って使わないんですか。知りませんでした。
もう少し西寄りの言葉なのでしょうかね。
小矢部の親戚のおじさんは昔からバリバリに使ってますよ。
「ちゃ」は能登の一部でも使う人がいますね。

あんころさん、ありがとうございます。
昔ですが、富山市と能登の一部が同じ県だった時代があったと思います。言葉は当時の名残りと聞いたことがあります。
「おらっちゃ」には「俺達はお前らとは違うんだ。」「お前たちと一緒にするな。」の差別的意味も含んでおりますので使わないようにしたが正解ではないでしょうか。
富山市の中心部で「富山まつり」が今年も8月に行なわれますが、以前の名前は「おらっちや祭り」と名付られておりました。30年以上も前に変更になったと聞いておりますが、今聞くと恥ずかしく感じますので変えておいて良かったと思っています。
ただ小矢部などのローカル地域では意識が薄いようで、今でも使う人達や地域が残っている、県西部では多く残っているかも知れないです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国道沿いの地区に住んでいます:

« 富山駅前でアグリ ・マルシェ開催 | トップページ | 「さかな屋撰鮮」グランドオープン »