2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 糸魚川の火災にお見舞い申し上げます | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

2016年12月26日 (月)

県立近代美術館ありがとう

富山市の西中野にあります県立近代美術館は移転のため12月28日で閉館いたします。12月18日からアーティストの高橋匡太さんによる光のアートワーク「10 Days Older」が行われています。

昭和56年に城南公園に開館した美術館ですが役目を終え、環水公園に現在建設中の「富山県美術館」として平成29年8月に生まれ変わります。

Dscn4847_1024x768

カウントダウン「10」・・・「9」・・・「6」・・・そして「3」にあと3日。名残を惜しむように少しづつ見学に来る人が増えております。

DSCN4765 (1024x768)

DSCN4812 (1024x768)

DSCN4823 (1024x768)

我が家から近代美術館へは歩いて3分ほどで到着できます。
今まで近くにあったものがなくなってしまう寂しさがあります
人口減少の時代、郊外にある施設が便利な中心部へと移転して行くのは納得できます。

DSCN4831 (1024x768)

DSCN4840 (1024x768)

DSCN4854 (1024x768)

現在の美術館がある場所は富山市の中心部と言う人もいる場所なのに、ここから更に中心部へ移転するとは思っていなかった。でも環水公園に持って行くことで観光客の集客に繋がれるのであれば仕方がありません

« 糸魚川の火災にお見舞い申し上げます | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »

富山市中心市街地」カテゴリの記事

コメント

建設されてから35年だと、まだまだ使えそうですが色々あるんでしょうね?
こちらの県立美術館、新しい方だと思っていたら同じ位の年数が経っていました

しゅうちゃんさん
建設されてから35年なんですが、耐震性が満たしていないそうです。この場で耐震工事するだけでも莫大な予算が必要だそうで、移転建築するほうがメリットあるのではなかろうかとなりました。こんな計画案は恐ろしいほどあっという間に県議会を通ってしまいます。なんと3年ほど前に計画案が浮上した話しが、間もなく新美術館が完成です。
なんでも近代美術館に貯蔵している美術品が購入したときよりも大きく付加価値が付いているそうで、耐震性が満たしていない建物の中に貯蔵しておくのが不安のようです

耐震性に問題があると、他の美術館からの貸出を受けにくいそうです。

環水公園に移るのはいいのですが、ますます環水公園の駐車場が駐めにくくなりそうです。公共交通機関で来ることを想定しているのかもしれませんが、もう少し駐車場を増やして欲しいです。土日の日中とかは空いてないんですよね……

あんころさん
なるほどです。耐震性を満たしていないところに重要な美術品は貸出したくはないですよね。
環水公園の新美術館を建設中の場所には100台近く止めれる駐車場があったんですけどね・・・どうするのでしょう。土、日の駐車場は観光客さんで一杯・・・いや観光客さんが止めれないほどご迷惑になっておりますね。富山駅出発で周遊バスを整備して欲しいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県立近代美術館ありがとう:

» ケノーベルからリンクのご案内(2016/12/27 08:45) [ケノーベル エージェント]
富山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 糸魚川の火災にお見舞い申し上げます | トップページ | 新年明けましておめでとうございます »